北東アジアの平和のために
日朝協会を大きくしてください



日朝協会会員の皆さん!
朝鮮半島の人たちと仲良くしたいと思っている皆さん!
在日韓国・朝鮮人と交流を深めたいと思っている皆さん!
平和と民主主義を願っている皆さん!

日朝協会は、過去の不幸な歴史を再び繰り返させない日本国民の強い決意のもとに結成されました


日朝協会は、1955年11月に結成され今年50周年を迎える日本で最も長い歴史を持つ、朝鮮問題にとりくむ日本国民の団体です。
日朝協会は、日本国民による自主的で民主的な団体です。
日朝協会は、日本でただ1つ自主的民主的な立場から南北双方の在日団体と交流を持つ団体です。

朝鮮半島、日本、中国を中心とした北東アジアの平和を確立するために、隣国との関係を1日も早く正常化しようではありませんか。


皆さん、今、日本と朝鮮半島との関係は、どうでしょうか。韓国ドラマ「冬のソナタ」が、日本国民に広く鑑賞され「社会現象」とまで言われています。サッカーW杯ではアジア地区予選で日本は北朝鮮と対戦します。
一方で北朝鮮による日本人拉致事件をきっかけに毎日、マスコミを中心に異常な北朝鮮バッシングが行われています。もちろん私たちは、拉致事件は日本の国家主権と日本国民の生命に対する重大な侵害、犯罪であり速やかな解決を要求しています。
同時に私たちは、2002年の「日朝平壌宣言」を歓迎しています。そして朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)との国交樹立を要求します。北朝鮮は、国連加盟国のうち日本がただ1つ国交の無い国です。また戦前の日本の植民地支配の清算が、いまだにできていない国です。このような異常な状態を一刻も早く終わらせましょう。

日朝協会への入会を心からよびかけます


日朝協会は、朝鮮問題への関心や要求をもとに日常活動をすすめています。ハングル講座、史跡巡り、韓国旅行、在日韓国・朝鮮人との交流、各種の勉強会など明るく楽しくためになる行事を開催しています。
日朝協会を大きく強くするために、多くの皆さんのご協力を訴えます。

2005年3月1日 日朝協会 代表理事 吉田博徳





日朝協会紹介にもどる
トップに戻る